聖女

【感想】傾きのバイブル−パスタム教会広報部署−

【作者】鈴谷さん
【種別】長編(連載中)
【話数】145話
【文字数】527,777文字
【キーワード】ファンタジー恋愛異世界トリップ異世界悪魔聖女チート主人公最強逆ハーレム狂愛ほのぼの
【掲載開始】2009年 05月02日
【最終更新】2014年 05月27日
【掲載場所】小説家になろう

悪魔による死か、悪魔の存在する異世界での生か。異界の門番と名乗る青年から渡されたのは究極の選択。
異世界にたどり着くと少女は声以外それまでの自分の全てを失っていた。
異界で姫巫女と呼ばれ、崇められようとも「知るか」の一言で悪魔や神をも踏みつける悪魔祓いFT。

《簡易説明》悪魔を滅したいだけなのに、異界の門番から相談無く姫巫女や聖女と呼ばれる不自由な姿に変化させられてしまう。異界で目覚めた力は対悪魔にはほぼ無敵。だけど物理では幼児にすら転ばされる。そんな両極端な少女の悪魔を包囲しようと準備していたら、気が付けば真横に悪魔が居てぶん殴って消していくお話です。
前半は城や大教会に連行されないように目立つ容姿を隠しながらも吸血鬼一族の末裔(仮)として教会資金稼ぎと悪魔根絶の為動き回り、計算外の場所から湧いて出る悪魔を成り行き任せに滅しながら日常を送っていく。
傾きのバイブル−パスタム教会広報部署−

感想を読む


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大