人外

【感想】世界で一番愚かな英雄の話

【作者】ピヨ/七海ちよさん
【種別】短編
【話数】1話
【文字数】13,396文字
【キーワード】シリアス勇者魔法人外魔族異世界恋愛
【掲載開始】2016年 07月30日
【掲載場所】小説家になろう

 あるところに、人間と魔族の争う世界がありました。
 長く魔族に苦しめられてきた人間は、一人の青年に『勇者』という称号を与え、魔族を打ち滅ぼす使命を与えました。人間とは思えないような魔力を悠々と操る勇者は、人間の『希望』の象徴でした。

 勇者は、人間のために険しい道を進み、多くの魔族を退け、平和のために邁進し続けました。
 けれど、人間は知りませんでした。

 勇者には、人間の平和とは別に、絶対に叶えたい願いがあったのです。
 それが、全ての理由でした。
世界で一番愚かな英雄の話

感想を読む


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大