【感想】セントリーズの悲恋

【作者】ぶちこさん
【種別】長編(完結)
【話数】全41話
【文字数】146,149文字
【キーワード】異世界恋愛ファンタジー前世近代風すれ違いヤンデレハッピーエンド
【掲載開始】2016年 08月13日
【最終更新】2017年 01月14日
【掲載場所】小説家になろう

3百年前に滅亡した、セントリーズ王国最後の王女だった記憶があるアンナは、ある日、人伝に噂を聞く。それは、かつて婚約を結んでいた王子が、王女の生まれ変わりを捜しているというものだった。彼は、キール・ベルフォルマという商人に生まれ変わり、容姿も王子の生き写しだという。居ても立ってもいられなくなったアンナは、旧王都へと旅立ち、着いたその日にベルフォルマ商館を訪ねるが、自称王女を名乗り出る者が、後を絶たなくて迷惑しているのだと、門前払いされてしまった。
セントリーズの悲恋

Attention

物語の面白さを損なうような感想は避けるよう
心がけていますが、完全とは言い切れません。
自己判断でご覧ください。

【おすすめ度】

★★★★4

【感想】

時間を忘れて読むほど熱中できるほど面白い作品。
自分の読了スピードが遅いのがもどかしかった!
早く続きが知りたい!
でも終わっちゃうのは悲しい!
だけどやっぱりきになる!
結局一気に最後まで読みきりました。
何の文句のつけようもありません! 面白い!
あ、一個だけあった。
ぜひともその後の番外編をお願いします。

アンナとキールのすれ違いっぷりはお見事と言うほかない。
あまりにも見事なすれ違いっぷりなので、切なくなるやら、いっそ笑えてくるやら。
前世から生まれ変わって今世でもう一度会う、というのは珍しい設定ではないと思うんですが、ここまでお互いに会いたいと思ってるのに会えない、しかもそれが誰かに故意に阻まれたわけではなく、いろいろなすれ違いによってなのだから、かわいそうというかなんというか……。
恋に障害はつきものだもの! 仕方がないよね!

キーワードにもありますが、キールのヤンデレっぷりも良い具合でした。
でもそれに付き合えるんだから、アンナも相当なヤンデレっぷりに思えるわよ。
一途なのか諦めが悪いのか、物は言いよう。
お似合いの二人がハッピーエンドを迎えられてよかったよかった。

そして、物語の中で一番の苦労人であろうネイサン。
あなたみたいな不憫なキャラがとっても好きだ。
いい味出してるよ!
彼に焦点を当てた番外編をぜひ!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

スポンサーリンク
レクタングル大