【感想】ハミルトン姉弟は、こうして家族になった

【作者】ぶちこさん
【種別】長編(完結)
【話数】全14話
【文字数】59,862文字
【キーワード】異世界恋愛転生ファンタジー前世トラウマ男性恐怖症義姉弟すれ違いお見合い
【掲載開始】2015年 11月20日
【最終更新】2016年 02月20日
【掲載場所】小説家になろう

前世ではことごとく男運に見放され、しまいにはストーカーに殺されてしまったロゼット・ハミルトンは、生まれ変わっても普通の社会生活を送れないほど、男性恐怖症を患っていた。そんな彼女と、彼女の義弟であり、女性への奉仕を重んじる正騎士ミハエル・ハミルトンとの結婚をめぐるお話し。
ハミルトン姉弟は、こうして家族になった

Attention

物語の面白さを損なうような感想は避けるよう
心がけていますが、完全とは言い切れません。
自己判断でご覧ください。

【おすすめ度】

★★★3

【感想】

同作者の作品を続けて読んでいます。
この方のはこれで三作目です。

男性恐怖症のヒロインであるロゼットと、その義弟ミハエルのお話です。
さらっと読める文字数で、飽きもなく最終話まで楽しめるちょうどよい長さ。
あらすじやキーワードから推測できる通りの終わり方に落ち着くのですが、こういったお話は結末を楽しむのではなく、その過程を楽しむものですので、予想通りの終わり方で安心。
逆に予想と全く違う結末を持ってこられても、よっぽど納得のいく過程じゃないと、もやもやが残りますよね~。

叔母さまによるトラウマ克服訓練は特に面白い。
二度目の訓練後のミハエルの反応もまた良し。
わかりやすいキャラクターなので反応も予想できるのに、それでも作品を楽しめるのだから、作者様の書き方が上手いんだと思います。
時々、誤字脱字があるのがちょーっと気になりますが……。

ただ一つ、二人のくっつき方にあっさりしすぎな印象がありました。
その前にあった訓練などの描写が面白かっただけに、自分の中で作品に対するハードルが上がっていたかも。
もう一つぐらい事件があってから、ドラマチックにくっついてほしかったかな〜。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

スポンサーリンク
レクタングル大